分野ごとに分かれた問題集を薦めよう

 中学受験において算数はとても重要な教科であるといえます。なぜなら算数の得点が合否に大きく関わってしまうからです。塾講師をしていると、算数の点数をアップさせるにはどのような取り組みをしたらいいかという質問を、生徒から受けることが多いのではないでしょうか。もしこのような質問をしてきた生徒が、算数に苦手意識をもっていないくらいのレベルなら、算数の得点をアップさせることができるような問題集をすすめるようにしましょう。基礎をある程度重ねてきた生徒であれば、最適な問題集に取り組むことによって得点を上げられる可能性があるからです。

 中学受験の算数において具体的にどんな問題集が最適なのかというと、分野別に分かれている問題集です。生徒ごとに得意分野や苦手分野が異なるので、苦手分野だけを取り組めるような分野別に分かれた問題集をすすめることがポイントになります。また苦手分野であれば、基礎から行えるような問題集をすすめるようにしましょう。基礎からはじめて徐々に応用・発展レベルの問題を解いていくことによって、効果的に知識を定着させることができるからです。他にも分量が多くない問題集をすすめて、生徒に1冊すべて解いたという達成感を与えるようにすることもポイントであるといえます。