図形問題が苦手なら計算問題で点数を取ろう

 中学受験の講師をしていると、算数がとても苦手な子どもに出会ってしまうことがまれにあるのではないでしょうか。どんなに工夫をこらして指導したとしても、あまり成果を感じられないのであれば、計算問題を中心に指導を行っていくのが最適です。算数が苦手な子の多くは図形問題が壊滅的にわからないことが多いからです。しかし計算問題は日々の反復学習によってある程度の成果を出すことができる分野なので、まずは計算問題を中心に指導していくようにしましょう。

 ポイントは、計算問題においてミスをなくすことです。中学入試では大問1は大体計算問題が出題されます。この計算問題をミスすることがなければ偏差値アップにつながります。計算ミスをなくすためには、計算練習が何よりも大切なので、毎日コツコツと行うことができるような計算問題の宿題を出すようにしましょう。それによって図形問題が全くわからなくても、ある程度の点数は取れるようになるからです。また算数が苦手な子は小数点の計算が苦手な場合が多いので、円周率の計算は暗記させるようにしましょう。円周率の計算を暗記すれば、図形の体積問題でのミスを減らすことができるからです。基本的に算数が苦手な子には、基本問題以外手を出させないようにすることがポイントであるといえます。