問題演習に興味を持たせるには

 問題演習はすればするほど成績を上げることに繋がります。ですが、勉強法を間違えてしまうと成績には繋がりません。まずは生徒に問題を解かせ、その解き方をチェックしながら、間違った箇所などをアドバイスすることが大切です。授業において、生徒は受け身の立場になることが多いものですが、問題演習に関しては生徒が自主的に問題に取り組むように促す必要があります。そのためには、問題演習を行うことがいかに大切なのか説明する必要があるのです。

 中学受験において挫折しがちなのが算数です。小学生にとってこれまでの算数というと、簡単な計算やグラフの作成など難しいことはほとんど経験がなかったでしょう。ですが、中学受験に取り組んだ瞬間にこれまでとは違う内容に戸惑う場合があります。複雑な式を解くことが求められ、最初に躓いてしまうとモチベーションが一気に下がってしまいます。教える側に求められるのは、いかにモチベーションを下げずに勉強を続けさせるかということです。まず、問題はできるだけ簡単なものからにして、本人に成功体験を重ねさせることが必要です。算数は理解力や思考力が求められるので、生徒のやり方を尊重することを大切にする必要があります。