基本的には小学校4年生から始めるのがよい

 中学受験の講師をしていると、親御さんから中学受験の勉強はいつから始めるのが最適なのかという質問を受けることが多いのではないでしょうか。特に算数はどんどん先取りをしていった方が良いといわれている教科なので、算数についての質問が多い傾向です。一般的に中学受験の勉強は小学校4年生頃が開始するのが良いといわれていますが、それは小学校5年生以降から開始すると詰め込み型になってしまうからです。算数では、小学校4年生で基礎を習うことによって小学校5年生以降に多くなる応用問題に取り組みやすくなります。

 さらに中学受験専門の塾では、小学校4年生から開始することを前提にカリキュラムを組んでいるところが多いです。小学校6年生に入ると、これまでの知識を活かして復習や志望校対策への勉強になっていくので、途中から入塾すると子どもが少し大変になってしまうということを親に伝えておくのがいいでしょう。もちろん子どものモチベーションによって、その子に最適な入塾の時期があります。小学校1年から塾に通っていたとしてもトップレベルの学校に合格できるわけではありませんし、逆に小学校6年から中学受験を始めたのに、御三家に合格してしまうケースもあります。中学受験を始めるのに最適な時期はそれぞれ異なりますが、基本的には小学校4年生と思っておいた方がいいでしょう。